ページ

2009/12/16

フルターフォッシュ・スレッジ・アックス

ちょっと前になりますが、薪割り斧を買っちゃいました。それまでは義父の使い込んだ和斧を借用していたのですが、不慣れなせいで柄をだいぶ痛めてしまい、申し訳ないなぁと。

そこで、思い切って薪割り用の斧をネットで買い求めました。購入先はカントリーホームさん。購入した斧はお店でお奨めしていたフルターフォッシュ・スレッジ・アックス(スウェーデン製)。当初、有名なグレンスフォッシュを考えていたのですが、価格にビビってしまい、二の足を踏んでいたところ、カントリーホームさんのホームページを見て決めました。

使用感は、、、といっても薪割り初心者ですし、他の斧を知っている訳ではないので、比較のしようもありませんが、相当に満足しています。パカーンと気持ち良く割れてくれて、薪割りにハマりそうです。

大分薪割りにも慣れ、以前ほど目測を誤って斧の柄を薪に叩き付けてしまうことも少なくなりましたが、念のため、柄を痛めてしまう前にと、ブチルゴムのテープを巻いた上に銅線を巻いて柄をカバーしてみました。なんか良い感じでない?遅まきながら和斧にもカバーをするかな。
因みにこのアイデアは、以前ネットサーフィン(最近、この言葉聞きませんね。死語?)していて、どこかで見てこれは良さそう!と思っていたので、真似てみました。

web拍手

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 私も柄をガードしています。丸太が刃の手前から割れたりしてどうしてもヒットしますね。

    返信削除
  2. くまっち@さん、はじめまして。
    そうですか。どうしても多少はヒットしてしまうものなんですね。
    投稿直後、雪の季節になり、ずっと使用していませんでしたが、そろそろ雪も融け出しもうすぐ春です。雪がなくなったら薪割り再開です。

    返信削除

↑ このページの先頭へ