ページ

2010/11/22

今年もお菓子の家を作りました

クリスマスも近づき、毎年恒例のお菓子の家を作りました。
昨年の反省に立ち、最初から固めのアイシングと柔らかめのアイシンングを用意し、使い分けしました。
固めのアイシングを使った事で、クッキー同士の接着がかなり楽になり、あっという間に出来上がりました。

屋根に積もる雪として、今回ココナッツを使ってみた。結構良い雰囲気が出てますねぇ。
チョコレートコーティングされたマシュマロを丸太に、オレンジピールを柴に見立てたデコレーションも気に入った。今回のは力作だなぁ。。。と自画自賛です。
お菓子の家、完成!

web拍手 by FC2

正月用のミードを作り始めました。

クリスマス、正月用に久しく中断していた酒造りを始めました。
本当はビールを作りたかったのですが、発酵樽のコックが壊れたままで修理もせず放置してあるので、簡単レシピの蜂蜜酒にします。
イースト投入直後のミードの様子
いつもの様に、リンゴ果汁100%ジュースを使用した無加水レシピで行ってみます!
イーストを投入して1時間後
イーストを投入して1時間後、早くも発酵が始まっています。いいぞっ!
このブクブク泡立つ様子を見ると嬉しくなって、これ又いつもの様に「頑張れっ、イースト君! 」と叫んでしまうのです。

web拍手 by FC2

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村

2010/11/14

ローストチキンとまぐろカマの石窯焼き

久しぶりに石窯で遊びました。クリスマスの予行演習です。
飛騨地鶏の石窯焼き
いつかはやってみたいと思っていた、鶏を丸ごとローストチキンをレシピを変えて二羽作ってみた。
参考にしたレシピは「おいしい!オーブン料理 濱田美里著」とネットで見つけた石窯料理レシピからスペイン風鶏のレモン焼きの2種類。
スタフィングに悪戦苦闘
レシピにはただ足をタコ糸で縛れとあるだけですが、おなかも閉じないと、おなかの中に入れた詰め物が飛び出てきそうで、竹串とタコ糸で緊急手術する。

石窯の煤切れを待って、2羽投入!
扉を閉じると、すぐさまパチパチという音が聞こえてきます。
これはなんだか期待が持てそう。
途中、何度か扉を開けて、焼け具合を確認しながら、焼くこと約1時間。
飛騨地鶏のローストチキン完成です。
迫力あります
調子に乗って、まぐろのカマも石窯で焼きました。
まぐろカマって、結構、油が出るんですね。
こんがり焼き色を付けて、完成。
こちらも美味そうです。
。。。っていうか、我慢できずにその場で試食。
う、うんまい!
バクバクバクッ、半分ほど食っちゃいました。
試食のつもりが。。。

最後に、いつものワンパターンですが、カンパーニュを焼きました。
ただいつもと配合等が違うとかで、これまた楽しみです。


web拍手 by FC2

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村

2010/11/06

自家製パンチェッタ

「手間が生み出す一品!自家製パンチェッタ云々。。。」という雑誌の記事を読んで、女房がパンチェッタを作り出した。塩を擦り込んで一晩置き、今度はハーブ類をまぶして脱水シートで包んで冷蔵庫に入れるだけ。
数日置きに脱水シートを取り替えながら、待つこと3週間。
初挑戦のパンチェッタ
ほほーっ。見た目はそれっぽくできてます。問題のお味の方はどうでしょうか。

web拍手 by FC2

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村
↑ このページの先頭へ