ページ

2010/05/28

バーベキュー炉飾り付け完成

アーチ状飾りの下にもレンガを積んで壁にしました。

今日は午後から来客&宴会があるので、朝早くからスタート。
レンガの加工に手間取るかと思ったのですが、意外にスムーズに切断加工でき、2時間弱で終了!
これでようやくバーベキュー炉は本当に完成です。

製作過程の詳細はこちら
web拍手

2010/05/23

バーベキュー炉のセリ枠を外してみました

夕方、セリ枠を外してみました。一見、良さそうに見えますが、左から6個目と7個目のレンガ間の目地が上手く接着されてなく、グラグラしています。
もう時間も遅いので、取りあえずセリ枠を元に戻し、対策は来週です。

製作過程の詳細はこちら
web拍手

2010/05/22

バーベキュー炉にアーチ飾りを付けました


一応バーベキュー炉は完成したのですが、石窯製作で余った耐火レンガY−2型を使って、アーチ状の飾りをつけました。
Y-2型を半分に切断

先ずは、ラワン合板、ラワンベニア板(T2.3mm)、廃材でセリ枠を作成する。半径25cmの円を描きたいのだが、コンパスがない。鉛筆と水糸で即席コンパスを作り円を描いて、ジグソーで切断する。。。
が、ちょっと適当すぎたようで、半円同士を重ねてみると全然合ってません(涙)。やり直しです。
漬物樽の蓋。コンパスとして代用

そこで、漬け物樽の蓋がほぼ25cmの半径だったので、この蓋を使って円を描き、ジグソーで切断。今度は上手く行った!
ベニヤ板を貼るとセリ枠完成
石窯の時は、目地幅の計画が甘くて、最後の一列を加工する必要があったので、今度はセリ枠に計画線を入れてアーチを積みました。

明日はセリ枠を外してみる予定。

製作過程の詳細はこちら

web拍手

2010/05/16

熟成ミード

2月に完成し、3ヶ月間熟成させたミードを飲んでみました。
3ヶ月熟成させたミード
プライミングシュガーを添加して、炭酸が発生するかどうか試してみたのですが、残念ながらシュワシュワーとはなりませんでした。が、味の方は2月の時点より美味〜くなっています。トロッとした甘口の濃厚な味になっています。
こんなことなら、半年くらい寝かせておけば良かった!また作ります。

web拍手

2010/05/15

バーベキュー炉完成

本日快晴。朝からバーベキュー炉の本体部の続きを施工しました。
ステンレスパイプφ16と異形鉄筋D13を切断するのにちょっと手間取りましたが、昼過ぎには5段積んで完成。一段落して一安心。
使った耐火レンガは全部で57個
異形鉄筋を取り外しできるようにしました。
製作過程の詳細はこちら
web拍手

2010/05/09

バーベキュー炉本体に着手

昨夜ホームセンターから「レンガ届きましたよ」と電話が入ったので、今日、朝一で取りに行ってきました。オーストラリアレンガ120枚と耐火レンガ60枚を2回に分けて軽トラで運搬する。
オーストラリアレンガ
耐火レンガ

 パレットごと運搬しましたが、フォークリフトなどがあるわけでもなく、手で積み降ろし。疲れた〜。

いよいよ、 バーベキュー炉本体の設置です。
普通ポルトランドセメント+砂に耐火モルタルを適当に混ぜた、なんちゃって耐火モルタルでレンガ同士を接合する。床と1段目だけ積んだところで、疲労困憊。モルタルも丁度なくなった事だし、作業終了。時刻としてはちと早いが、風呂に入ってビールをグビ飲みっす。
バーベキュー炉本体に着手
ところで、ホームセンターで購入した耐火レンガだからなのか、レンガのサイズ(長さ)が明らかに違うものが混じっています。今更しょうがないので、目地幅で調節しました。

製作過程の詳細はこちら
web拍手

2010/05/08

石窯焼床の改造

バーベキュー炉基礎が午前中に終了したので、昼から石窯焼床の改造をしました。
改造といっても、耐火レンガを床に一段敷いて、ただ嵩上げしただけです。
天井まで50cmあるのですが、少し高く作りすぎたと反省。そこで、約6.5cm床面を上げることで、天井高を狭めることにした。

久しぶりに耐火モルタルを触ったので、最初は少し戸惑いましたが、直ぐに勘を取り戻して、あっという間に終わりました。凸凹も思ったほどなく、ままフラットな床面になりました。後で気になるようであればディスクグラインダーで削る事にしよう。
床面から中央天井まで測ってみると43cm。
石窯本体を製作したときには、火入れ時に、いきなり強火でガンガン焚いたせいか、結構ヒビ割れが発生した。今回は、じっくり乾燥させ、弱火でじわじわと火入れするつもり。

製作過程の詳細はこちら
web拍手

バーベキュー炉基礎 その4

朝8:00から作業開始。最後の一段を積んで、右側にはレンガの平台を、左側にはモルタルを頭まで敷く。で、この後、左側に耐火レンガを積んで、バーベキュー炉を設置します。
全部レンガは141個
細切れで施工したので、結構日数がかかちゃいましたが、ようやく完成です。
ホームセンターに注文した耐火レンガがまだ届かないので、バーベキュー炉本体は来週かな?
ペイビング用のレンガも来週には届くと思うので、先にペイビング施工にするか?
ついでだから、来週に備えて、地面を突き固める治具を作成する。
自作のタンパー。これぞDIYってか。
余った枕木を適当な長さにチェーンソーで切断し、廃材で持ち手を付けました。試しに数回、トントンと突いてみる。おお〜。結構、重量があるので、良い感じです。

製作過程の詳細はこちら
web拍手

2010/05/05

バーベキュー炉基礎 その3

わざわざ砕石を買うのは馬鹿らしいので、加工に失敗した廃レンガや廃材や、そこらの石を入れることにした。
一輪車で石を集めて運搬し、レンガ土台の中に投入。なんだか「北の国から」の純と蛍を思い出すなぁ。 あーあ〜〜、あああああ〜 ♪
それでもまだ少し足らないが、その分はビリを敷いて完成とした。
ちょこっとしたものを作るつもりが、だんだん大げさになっていく。。。
腰の痛みもようやく和らいで来たので、週末は設計通りに、後一段積んで、いよいよバーベキュー炉本体だ。

製作過程の詳細はこちら
web拍手

2010/05/03

バーベキュー炉基礎 その2

昨夜は親戚の祭によばれてやや二日酔い。加えて昨日のレンガ積みが思ったよりも堪えて、腰を中心に体のあちこちが痛いのだが、今日もバーベキュー炉の基礎の続きをしました。
積んだ赤レンガは合計120個
設計では全部で9段積む予定でしたが、腰も痛いし、日和って8段でヨシとしました。
なんだか花壇みたい。。。
基礎部分の取り除いた土をレンガで囲った中に埋め戻して、モルタルを10cmほど打設するつもり。

目地が乾くのを待って土を入れてみたところ、少し足らない。床面をほじくりかえせば、土はどれだけでもあるのだが、そうすると今度はペイビング施工時にビリや砂が大量に必要になるし、痛し痒し。困ったな。
砕石を少し調達することにするか?
追加注文した耐火レンガとペイビング用レンガは連休明けにならないと届かないので、ひとまず連休中の工事は一段落。

帰りに義母から採ったばかりのタラの芽をいただいた。これ大好物。今晩はタラの芽の天ぷらで一杯やることに決定!
タラの芽。山ウドと並んで大好物。
製作過程の詳細はこちら
web拍手

2010/05/02

バーベキュー炉の基礎工事着手

4/29から3日間、急用で熊本に帰省していました。特急+新幹線+レンタカーの組み合わせでの強行軍です。ニュースでは新幹線の乗車率は120%の予想と言っていたのですが、思ったほどの込み具合ではなく、でも長時間の乗車で相当に疲れました。熊本での用事は、慌てて出かけた割に大きな問題もなく、ホッとしながらも疲れだけが残った3日間でした。

一夜明け、疲れも取れていませんが、早速バーベキュー炉の基礎に取りかかりました。
シンプルにバーベキュー炉だけのつもりでしたが、物を置く平台があった方が何かと便利かも?と思い直し、設計を変更。横に目一杯広げることにしました。左半分がバーベキュー炉、右半分が平台になる予定。
5段積んだところで、もう腰が限界です。本日の作業はここまで。

ところで、昨年、山から山ウドを芋ごと掘ってきて植えておいたのですが、なかなか芽を出しません。根付かなかったかのかな?と諦めかけていたところ 、気付いたら芽を出していました。
山ウド
製作過程の詳細はこちら
web拍手
↑ このページの先頭へ