ページ

2010/01/29

ミード醗酵(14日目)

ミード醗酵14日目。だいぶ醗酵も収まって来ました。が、よーく見ていると、ときどきプクップクッと泡が上がってきます。まだイースト君は頑張っているようです。もう少し様子見です。なんだか今回のは期待が持てそうです。

ところで、急用で2日間熊本へ帰省していました。帰りは新幹線を利用したのですが、東海道新幹線の架線切れ事故によるダイヤ乱れに巻き込まれちゃいました。博多-新大阪間のひかりが30分近く遅れて新大阪に到着。車内で車掌さんに聞いたときには、「運転は再開しましたし、乗り継ぎ便は待機しているので大丈夫です。」とのことだったが、新大阪に着いてみると、乗るはずだった新大阪-名古屋間のこだまはもう既に出ちゃっている様子。あちゃー。
新大阪駅では、皆自分の便がどうなっているのか知りたい一心で窓口や駅員に殺到しています。完全に切れて怒鳴っている人もちらほら。
私はと言えば、「こりゃ、ここにいてもらちがあかん。新大阪-名古屋ならどうせ1時間ちょい。立ってようが座っていようが構わないし、何とか今日中に家まで帰り着きたい。」と思い、一番早く出発する便(のぞみだったかな?)に飛び乗りました。車掌さんに乗車するはずだったこだまの切符を見せると、空いている席をあてがわれ、座る事ができました。ラッキー!
で、名古屋からの最終便になんとか間に合って、昨夜夜遅くでしたが、無事帰宅できたという次第。

web拍手

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村

2010/01/23

黄金の都シカン展

古代文明大好きな私です。
インカ帝国のルーツ 黄金の都 シカン展」を観に行ってきました。
パンフレットによると、
インカ帝国滅亡から遡ること約500年前、ペルー北海岸・バタングランデ。かつてここに「黄金国家の都」があった。
とあります。

以下、パンフレットの要約と、シカン展で見聞したところでは、
1991年、島田教授をリーダーとするシカン文化学術調査団が行った神殿東の墓の発掘で、大量に発見された副葬品により、これまでインカのものと考えられてきた特徴的なつりあがった目(アーモンドアイ)の装飾品を持つ金製品は、どうもシカン文化がルーツと言えることがわかったのだそうです。
展示物の中でも目玉は、ロロ神殿東の墓の主埋葬者の顔につけられていた黄金の大仮面。このタイプの仮面は、昔から盗掘者の格好の標的であったとのことで、今回のように考古学者の手で発掘したのはこの仮面が初めてのことなのだそうです。

個人的には、シカンの神の顔が半分ずつ重なって並んだ模様の黄金のコップ(ケロというのだそう)と精巧な飾りが施された蜘蛛の装飾品(耳飾りだったかな?)がとても印象に残りました。

展示コーナーの最後には、お約束のお土産コーナーが。キーホルダーやアルパカのセーターなどが売られていました。それらに混じって何故か子供の喜ぶガチャガチャが数台。
ガチャガチャとはお金(コイン)を入れて、ハンドルをガチャガチャと回すと、おもちゃがでてくるあのガチャガチャです。出て来たおもちゃはたいていはつまらないものしかなく、半日もするとゴミとなってしまうあのガチャガチャです。
ハッと気づくと、息子はガチャガチャの前に釘付け状態。止めておいた方が良いよとの説得の声も届かず、なけなしの小遣いで挑戦。ところが、でてきたのはナスカの地上絵のコンドルの置物。おー、なかなか良いではないか。
今度は、それを見た女房までガチャガチャに挑戦。今度はシカンの仮面のストラップでした。これもなかなか良いぞ。このガチャガチャ、少しお高めとあってハズレがないようです。
ガチャガチャの戦利品。
シカン展なのに、何故かナスカの地上絵。

web拍手

2010/01/19

ふたたびミードづくり

昨年秋に仕込んだミードには、後からリンゴジュースを少し追加したのですが、結構いける味で、あっという間になくなってしまいました。

そこで、今度は水の代わりにリンゴジュースをたっぷり使ったミードを作ろうと、先週末の日曜日に再びミードを仕込みました。

仕込んだミードの温度を20℃程度に保つ為に、電気マットを敷いて、毛布で包み、発泡スチロールのケースに入れています。

写真は2日経った本日の醗酵の様子です。
今回は最初から栄養源としてモルト粉を入れておきました。
そのお陰か、スゴい勢いで醗酵しています。
頑張れイースト君!

ところで、ゆっくり醗酵のパンがおいしいのだから、お酒もゆっくり醗酵の方が美味いのかな?

web拍手

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村

2010/01/11

00番小麦

師匠ご推薦のイタリア・ピエモンテ州、マリーノ社の00番小麦を「お菓子作り・パン作りの材料と道具の専門店 CUOCA」で買いました。

CUOCAの商品説明記事によると
「00番とはイタリアの小麦の挽き方で、ふすまなどの含有量が少なく精製度が高いため、滑らかでコシのあるきめ細やかな生地をつくることができます。」とあります。

早速、この00番を使って薄焼きピザを焼いたところ、サクサク感、カリカリ感良好です。

海鮮ピザ
今回はレシピ通りに明太子とマヨネーズをベースに作りました。


ベーコン&チーズピザ
トマトソースをベースに自家製ベーコンを使用。
これはビールが飲みたいぞ!

このマリーノ社の00番小麦は、無農薬栽培された小麦を石臼で挽いているのだそうです。
なるほど、お値段もお高いはずです(通常の4〜5倍!)。趣味道楽でなければ使えません。

web拍手

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村

2010/01/02

石窯始め

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、年末から降り続く雪が止みませんが、懲りもせず、早速石窯始めです。

年末から漬け込んでおいた豚バラ肉を燻製してベーコンを作りました。で、燻煙している間、寒いので暖をとるのを兼ねて、石窯に火を入れました。パンはちょっと準備が大変ですし、オーブン料理も年末から食い過ぎでちょっと重たいし、前回子供達に評判の良かった石焼き芋を作ってみました。

だが、しかーし、昼飯を食う間、ちょっと目を離した隙にやっちゃいました!
ひとつ破裂させちゃいました。アルミホイルで包んでおくべきでした。
無事だった芋は、ホクホク、ねっとりとして美味なり。

今日の主役、燻製の方はというと、昨夜の内に塩抜きして、脱水シートに包んで冷蔵庫で一晩風乾して準備はOK。
本日、いよいよ燻製です。上述の如く、寒さを凌ぐため、石窯で暖をとりながら、55℃で1時間半温熱乾燥、そして65℃で2時間半燻煙、最後に75℃で2時間温熱乾燥して出来上がり。
 燻製完成。美味そう〜。

ちょっと煙が強すぎたかな? 粗熱を取って一晩冷蔵庫でおいて味を落ち着かせたら、いただきまーす。

web拍手

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村
↑ このページの先頭へ