ページ

2009/08/28

屋根作りに着手


身内に不幸があり、8月21日〜27日まで実家に戻っていました。
出発前に屋根の材料手配と製作を義父に依頼していたのですが、戻って来てみると、義父と叔父で屋根作りを進めていてくれてビックリ。
想像していたよりも広々としています。これで、残る製作作業もだが、石窯を使用してのパン作りも雨天でも可能になりました。煙突をどういう風に設置するかを思案中。

製作過程の詳細はこちら

拍手する

2009/08/19

温度計設置


 先日購入しておいた300℃まで測れる温度計を扉に穴を空けて取り付けました。これで、調理室の扉を開閉することなく窯の中の温度が測れるようになりました。
 薪も知り合いからいただく(工事で発生した伐採木だとか。まだ現物を見に行ってないのですが)ことができたし、石窯プロジェクト再始動は順調です。

拍手する

2009/08/14

あまりの暑さにギブアップ


遅れを取り戻すべく、本日も朝からレンガ積み。
しかし、暑い。朝からカンカン照りで、汗ダラダラ。
2段半積んで、前後左右の高さが揃ったところで、丁度モルタルがなくなる。
もうダメ。今日はここでおしまいにしよう。
ところで、あと何段積まないといけないのかをざっと目で測ってみると、
天井まであと5段くらい。煙突のベースの高さまで積み上げるとすると、プラス2段で計7段はありそう。8月中にできるかな?

製作過程の詳細はこちら

拍手する

石窯製作再開



 本日快晴。石窯日和。1ヶ月ぶりに石窯づくり再開!昨日は温泉でゆっくり休養したので、張り切って朝7:30よりスタート。
 今日の予定は、前面の扉周りにアーチ状に赤レンガを積み上げることとピザとパンを焼いてみること。
 せっかく苦労して作った天井のアーチだが、最終的には赤レンガで隠れてしまうのが、なんだが残念。そこで、せめて「中にはアーチがあるんですよ!」と自己主張するアーチ状の飾りを写真のように作って見ました。うん、我ながら良くできたと自己満足。
 赤レンガの積み上げは、本日はここで終了し、昼からはピザとパンを焼くことに。
 ビザは成功。石窯仲間に教えていただいたピザ用イーストを使用したのも功を奏したようで、パリッ・モチッと焼けました。
 ところが、パンは大失敗。煤でまっくろけ!(写真はまっくろけになる前の状態。ここで、もう少し温度を上げようと思い、追い焚きしたところ、煤でまっくろけになってしまいました^^;)
 失敗ではあったけど、少〜し、コツも掴めたような気がします。本やネットで先人が言うとおり、最初はガーッと薪を燃やし窯の中を高温に上げておいて、適温まで下がったところで、輻射熱で焼く。というのが「正しい」焼き方なのだと実感。あと、義父の仕事で出る建築端材を材質の選別をすることなく適当に追い焚き用の薪として使ったのは失敗だった。もうもうと煙が出て、パンが煤だらけに。。。薪も良い物を使う必要ありと、これまた実感。
製作過程の詳細はこちら

拍手する

2009/08/13

彫金


この一ヶ月、公私ともにバタバタしていて、なかなか石窯製作ができずにいたのだが、今日からお盆休み。石窯作り再開!
のつもりが、あいにく雨。諦めて近所の温泉でゆっくりと休養。
夕方から、石窯に取り付けるネームプレートのような物を銅板で作り出しました。
簡単に考えていたのだが、やってみると結構難しい。もっと大きな字体にすべきでした。
物になるかどうかわかりませんが、とりあえず挑戦してみるつもり。上手く行ったら石窯に取り付けた写真をアップします。いつまでたってもアップされないようでしたら。。。笑って見過ごしてください。



拍手する

2009/08/04

温度計購入

師匠と仰ぐ石釜太郎氏から良い温度計を教えていただきました。
300℃まで計れるバイメタル式温度計です。
蓋を開けずに温度が分かり、追い焚きしながらパンが焼けるとのこと。

実は石窯製作を構想している段階で、写真のようなタイプの温度計をネットで探したり、計測器メーカーに直接問い合わせたりしたのだが、なかなか300℃まで計れるものが見つからず。あっても工業用の高価なものしか見つけられずに諦めていたところのなで、早速購入。
購入先はキッチンアサヒさん。価格は税込みで2,898円(送料別)でした。因みに工業用だと5~10倍のお値段でした。

拍手する
↑ このページの先頭へ