ページ

2009/07/26

またもや雨

今週は土曜日出勤のため、日曜日に石窯製作予定だったのだが、あいにくの雨。
どうも、ついてない。来週末は所用で名古屋へ行く必要があるし、再来週末も仕事。
盆休みに石窯パーティーをと考えていたのだが、無理そうだ。というよりも盆休みになんとか仕上げたい。そういうわけで、ブログもネタ切れ状態です。

2009/07/22

ウォーリーを探せ!



 7/18,19,20,21と早い夏休みを取って実家の熊本へ帰省してきました。
というわけで、土日の石窯製作はお休み。
 しかし、九州は暑かった。空港に着いたら、一瞬で汗ダラダラ。ぐったりして何処にも出かける気になれず。唯一出かけたのが、用事のついでで熊本城へ。ちらっと立ち寄っただけでしたが。あと、熊本ラーメンを食べに黒亭という有名店に。
やっぱし、熊本ラーメンはうまかねぇ!

拍手する

2009/07/12

調理室外壁に着手

 昨夜は飲み会で焼肉&モツ。食いまくり飲みまくりで朝つらい。しかし今日も石窯製作やるぞっ!
 10時頃、軽く火を入れてみて状態を確認。今度はヒビも入ってない。昼から赤煉瓦を1段と半分積んで作業終了。昼からは天気も良く汗ぐっしょり。早く家に帰ってビールを飲もう!
製作過程の詳細はこちら


拍手する

2009/07/11

ひび割れ補修完了


 本日快晴。朝からひび割れ部の補修に向かいました。昨日買った耐火パテは使わずに、まだ残っている耐火モルタルを使用。窯の内側も煤を取ってみると結構レンガとレンガの間に隙間がある。ここも耐火モルタルで修復する。
 午後から、赤レンガを一段だけ積みました。大谷石の高さが100ミリなので、赤レンガの小口を縦にすると丁度高さが合う。そこでレンガを半分に切断して写真の様に積みました。これが結構大変でした。レンガの幅がこれまでの3分の1になるのだから、それだけ目地の数が増えるわけで、思ったよりもモルタルが必要。終了したのは夕方の5時。あ〜、疲れた。

製作過程の詳細はこちら

拍手する

2009/07/08

耐火パテ見つけました!

 ひび割れ補修に良さそうな物がないかホームセンターを物色していて、耐火パテという物を見つけました。パッケージには耐熱温度は1100℃と書かれています。小さなヒビについてはこいつで対処してみようと思い、早速購入。
 因みにネットで検索してみたら、アマゾンでも購入できることが判明。しかもホームセンターより安い。チキショー!


拍手する

2009/07/05

初火入れ

 今日は朝8:30からスタート。先ずはヒビとダンパー取り付け部の欠けた箇所を耐火モルタル+セメントを混ぜたなんちゃってモルタルで補強。だいぶ余ってしまったので、アーチ部全体に塗り付ける。
 昼からいよいよ火入れだっ。下段の燃焼室から火を入れる。そして次に上段の調理室へ。しかし、これは失敗だった。下段で発生した煙が奥の煙道から上段の調理室を通って調理室の扉に向かって勢い良く流れてきて、上段のセリ枠に火が付けられない。火のついた木を放り込んでも通気がありすぎてすぐに消えてしまう。先に上段から燃やすか、煙突の下のセリ枠に穴を開けて通気の流れを作っておくべきだった。30℃を超える炎天下、ここのところの試行錯誤で、結構、時間と体力を使う。
 下段の火の勢いが弱まった頃を見計らって、上段にも火をつける。アーチの数カ所とアーチ部と側面との取り付け部にヒビが入り、そこから水蒸気(?)と煙が出てくる。しばらくして炎の勢いが増してきて、ゴソッと音がする。セリ枠が燃えて崩れ出した。外側は結構ヒビが入っているが、ほぼ燃え尽きてから窯の中を覗くと、意外にもヒビはほとんどなく、簡単な補修で済みそうだ。
 熾き火を使って、余興でビザを焼いてみる。さて、お味の方は、、、
ワッハッハッハッハー! 美味い! こりゃ冷えたビールが飲みたい!

製作過程の詳細はこちら

拍手する

2009/07/04

ダンパー修復


 朝からダンパー取り付け部の修復作業をする。
 先ずは、ダンパーが入るスペースをサンダーで削って少し余裕を持たせることにする。それから耐火モルタル+ポルトランドセメント+砂+水を練ったなんちゃってモルタルで外れた部分を接着した。ダンパーを動かしてみるとちゃんと出入りする。OK!
 明日は再度各所のヒビやグラツキを修正して、アーチを支えるセリ枠を燃やしてみるつもりだ。

製作過程の詳細はこちら
↑ このページの先頭へ